薪、広葉樹製材販売 木の素材屋さん>無垢床材施工例
 


無垢床材特性と施工

 

木の肌触りを実感して下さい。素足が気持いい

 

 

私的に思う無垢の魅力

無垢材は、自然のままの木を乾燥して使用しているので合板や集成材にくらべ
木の特性である 収縮,膨張、反り、割れなど100%おさえる事はできません。
それはそれで自然な事だとおもいます。日常使用している 間に傷も付いてきます。
色も施行時にくらべ磨いている内に黒光りしてくると思います。
それが、今になってはとても様になっていると思います。
時間が作ってくれるものだとおもいます。
もしそれが合板の上にプリント印刷されただけの床材だったら
新しい床材に取り替えたい気持ちになると思いますが、無垢材はそのまま、もっと一緒に

使用していきたいと思うようになるでしょう。
いま見直されてきている民家古材のように。

 

 

 

無垢床材特性の注意点

 

 

 

コンクリの上に施行する場合

 

 

捨て張り合板使用し施行する場合

 

  

 

ご質問は下記は eucla@coral.ocn.ne.jp こちらへどうぞ。